読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妊娠中 美容院のカラーリングやパーマには注意が必要な理由まとめ

f:id:kanemochiniisanbinbouniisan:20170430110959p:plain

 

あなたは妊娠中に、美容室に行ったことはありますか?

 

「妊娠中、カラーリングやパーマはかけないほうがいいのかな?」

 

と悩んだことはありませんか?

 

 

妊娠中の妊婦でも、おしゃれはしたいですよね。

 

今や妊娠中でも、おしゃれな人はたくさんいて、マタニティ服には見えない服もいっぱい出でいますから、妊娠中でもおしゃれは欠かせません。

 

 

でも、妊娠中のカラーやパーマには注意してください。

 

 

妊娠中に美容院どうしても、髪を切りたい場合

f:id:kanemochiniisanbinbouniisan:20170430111111j:plain

 

・予約前に、妊娠していることを美容師に伝える。

 

・当日、体調が悪い日や寝不足の日は避ける。

 

・寒さ対策として、ストールやカーディガンなどの羽織物を用意する。

 

・トイレを我慢しない。

 

などの注意が必要です。

 

妊娠中、カラーやパーマをかける場合

 

・必ず、予約前に妊娠していることを美容師に伝えましょう。

 

美容室によっては、妊娠中のカラーやパーマをしない美容室もあります。

f:id:kanemochiniisanbinbouniisan:20170430111228j:plain
それは、妊婦さんのことを考えての配慮だったりしますが

 

断る理由は臭いで気分が悪くなったりすることがあるからです。

 

 

どうしても美容院でカラーリングやパーマしたい人は

 

アレルギーテストをしてもらいましょう。

 

妊娠中の肌は敏感になっいています。

 

今まで普通に使っていたカラー液やパーマ液がかぶれてしまう。

 

薬剤の効き目が強すぎて、指定したカラーリングよりも明るくかかる、髪が痛んでチリチリになってしまう。

 

薬剤の効き目が弱すぎて、指定したカラーリングよりも暗く仕上がる、パーマがあまりかからない。

 

頭の皮膚だけでなく、目が腫れたり、肌が荒れてしまう。

 

などの症状が出る場合があります。

 

ですから、妊娠中のカラーや、パーマには注意が必要です。

 

妊娠中美容室で、カラーやパーマをやりたい人は、普段の生活でも妊娠前よりも臭いに敏感になっていたり、体にかゆみが出ていたりした場合は、美容室は避けたほうが無難かもしれませんね。

 

カラー剤やパーマ液には、胎児に悪影響を及ぼす物質が入っている場合があり、羊水が濁ると言われていた時期もありました。

 

でも今は、胎児に悪影響を及ぼすかどうかというのは、医学的に検証されていません。

 

 

妊娠中 美容院 カラーリングやパーマが良くないといわれるようになったのか

 

ではなぜ、

 

 

「妊娠中のカラーやパーマにはしない方がいい」

 

 

「妊娠中の美容院は避けた方がいい」

 

 

「カラー剤やパーマ液には、胎児に悪影響を及ぼす物質が入っている」

 

 

「羊水が濁る」

 

 

などと、うわさが広まったのでしょうか?

 

 

妊娠中は、ホルモンバランスの乱れにより、ただでさえ体が敏感になってしまいます。


また、つわりによってにおいに敏感になっていたり、疲れやすくなっているため、長時間同じ体制で座っていなくてはいけない美容室では、妊婦にとって負担になる場合があります。

 

その中でも、カラーやパーマは普通でも2時間~4時間かかったりしますし、混んでいる人気の美容室や、ヘアースタイルによっては6時間~8時間かかる場合もあります。

 

妊娠中はただでさえ眠くなったり、お腹が痛くなったり、トイレが近くなったりと不安定な時期です。

 

妊娠中に美容室行き、髪を切ることは何も問題はありませんが、妊娠初期のつわりのある時期など、人によっては美容室の臭いで気分が悪くなってしまうこともあります。