読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妊娠中 食生活が赤ちゃんに影響する?適当やめちゃくちゃはダメ!

f:id:kanemochiniisanbinbouniisan:20170424233543p:plain

 

妊娠中の食生活が赤ちゃんにどういう風に影響するのでしょうか?

 

妊娠中は、バランスのよい食生活が大切ですよね。

 

でも、「妊娠中に食べた方が良いもの」「食べたらダメなもの」ってよくわからないのが現実。

 

妊娠中にバランスの良い食生活って何を心がけたらいいのでしょうか?

 

妊娠中の食事で一番大切なことは色々な食品をバランスよく食べることです。

 

妊娠中の食事を適当にすると以下のようになります。

 

妊娠中の食生活がめちゃくちゃになると

 

f:id:kanemochiniisanbinbouniisan:20170424233809j:plain

 

妊娠中の食生活がめちゃくちゃだと、ホルモンバランスが乱れやすく、肥満や栄養不足、貧血、便秘、睡眠不足・尿トラブル・出血・むくみ・足がつる(こむら返り)などを様々なトラブルを引き起こします。

 

自分や赤ちゃんのためにも悪影響にならないように妊娠中の食事には注意したいですよね。

 

妊娠中に積極的に取った方が良い栄養素は、葉酸・鉄分・カルシウム・ビタミン類(ビタミンA ・ビタミンC・ビタミンK、ビタミンD )、ミネラル・カルシウム・マグネシウム・タンパク質など、積極的に取った方が良い栄養素はたくさん。

 

こんなにたくさんあると何をどれだけ取ればいいのか、食品に何が入っているのかわからないですよね。
そこで、この栄養素はどんな食品に入っているのか調べてみました。

 

 

妊娠中の食事をバランスよく取る食品は

 

f:id:kanemochiniisanbinbouniisan:20170424233938j:plain

 

・野菜
野菜は、低カロリーのものが多く、ビタミンや葉酸、カルシウム、鉄分、食物繊維が豊富に入っていています。
緑、赤、黄色などの色の濃い緑黄色野菜を中心に、旬の緑黄色野菜を積極的に取ると良いでしょう。

 

・きのこ
きのこは、低カロリーで食物繊維が豊富なので、妊娠中におすすめの食材です。
タンパク質やミネラル、カリウム、ナトリウム、カルシウム、鉄分、ビタミン、葉酸などが豊富入っていて、肥満の防止や不眠、便秘、血圧効果など、骨や体を作る、栄養素も豊富に入っています。

 

 

・雑穀米
雑穀米とは、白米に玄米、発芽玄米、黒米、赤米、あわ、ひえ、きび、大麦、アマランサスなどを加えたお米で、食物繊維やミネラル、ビタミン、鉄分、カリウムなども入っています。
白米をそのまま食べるよりも、得られる栄養素が豊富に入っているので、妊娠中の食事制限や、疲労回復、美容、便秘解消にも期待できます。

 

・豆製品
豆製品には、大豆や、えんどう豆、インゲン、あずきなどがありますが、1番取り入れしやすいのは大豆ですよね。
大豆の加工食品には、納豆、豆腐、おから、豆乳、枝豆など種類も多いですよね。ですから、飽きずに食べることができます。栄養素としては、納豆菌や、ミネラル、ビタミン、タンパク質などが入っており、食材によって得られる栄養素も違うので、多くの栄養を摂取し食べることができます。

 

・ヨーグルト
ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、腸の調子を整えてくれる腸内細菌で、免疫力を高めてくれたり、腸内の老廃物を排出してくれるので、妊娠中になりやすい便秘や下痢にも効果があります。他にもがん予防やアレルギー、風邪やインフルエンザにも効果があるとされていますから、
ホルモンバランスが乱れ、抵抗力がなくなる妊娠中は、積極的に摂取したい食品です。

 

・肉
赤身の牛肉や豚肉には、タンパク質や鉄分などが多く含まれていて、髪や筋肉、内蔵、皮膚、爪など、妊娠中、赤ちゃんに必要な重要な栄養素です。
赤身の肉に含まれるヘム鉄は、野菜に含まれる非ヘム鉄より吸収率が高いので妊娠中貧血気味の人におすすめです。
注意:生のものは食中毒の恐れがあるため食べるの控えましょう。

 

妊娠中、お腹の赤ちゃんはお母さんから胎盤を通して、必要な栄養素を取り入れるので、3度の食事をしっかり取り、栄養バランスの取れた食事を目指しましょう。