読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妊娠中の眠気はいつまで続くのか、眠い原因と対策方法を紹介

妊娠中の眠気はいつまで続くのでしょうか?

f:id:kanemochiniisanbinbouniisan:20170415221907p:plain

妊娠中は終始眠いという妊婦も多いと言われるほど、妊娠中と眠気はつきものです。

 

 

妊娠初期私は、妊娠してからというものもの仕事をしていても、車の運転中でも、ところかまわず強い眠気が襲ってきて困っていました。

 

 

普段から不眠症なこともあり、夜眠るのが遅い私、仕事が終わると眠くなってしまうことがあり、家に帰るとお昼寝をすることがよくありました。

 

 

ですが、それとは比べ物にならないほど、妊娠中の眠気は強い眠気なので、眠気が来るという問題ではなく、眠気は強すぎて落ちるという言い方がふさわしいかも知りません。

 

 

ですから、仕事から帰るとき運転中の場合はどこかで車を止めて睡眠がとれるように駐車場を探したりしていました。

 

 

妊娠中の眠気とはどういうものでしょうか?

 

 

妊娠中の眠いという原因は?

 

妊娠中は終始眠いという妊婦も多いと言われるほど、妊娠中と眠気はつきものです。」と言われるように妊娠中は妊娠時期によって眠くなる原因は違って来ると言われています。

 

 

今回は妊娠初期、妊娠中期、妊娠後期様々な妊娠中の眠りについて調べてみようと思います。

 

 

<妊娠初期 眠い 原因とは>
妊娠初期の眠気は女性ホルモンが原因といわれています。女性ホルモンにはプロゲステロン(黄体ホルモン)と呼ばれるものがあり、プロゲステロンは体温を温める作用と、眠気を促す作用もあるのでそれが妊娠初期に起こることで、妊娠中の強い眠気が現れます。
妊娠初期の眠気は、「眠りづわり」といわれ、妊娠初期の典型的な状況の一つです。

 

 

<妊娠中期 眠い 原因とは>
妊娠中期は妊娠初期ほど強い眠気はありません。しかし、プロゲステロンの分泌は続いているので、まだまだ眠気が襲ってくる妊婦もいます。

 

ちなみに、妊娠中期に入るとお腹が大きくなるため、お腹が大きくなるにつれ、疲れやすくなっているため眠くなる妊婦もいます。

 

またつわりが治まってくるため、食欲が増してくることで満腹になってしまい、食べ過ぎで眠くなることもあるそうです。

 

 

<妊娠後期 眠い 原因とは>
妊娠後期にはプロゲステロンではなく、エストロゲン(卵胞ホルモン)と呼ばれる女性ホルモンが多く分泌され始めます。

 

エストロゲンは眠気を抑える作用があり、そのために夜の寝つきが悪くなるなど睡眠不足で日中に長く眠ってしまうな妊婦が多くなるそうです。

 

また、妊娠後期はお腹も大きくなり、子宮が圧迫されトイレが近くなるために、夜にトイレのために起きたり、眠っているときの胎児の胎動で起きたりなど、疲労感や睡眠不足から眠気を感じやすくなる妊婦もいます。

 

 

妊娠中の眠いを抑える対策は?

 

妊娠中の眠気の一番の対策はやはり眠ることです。

 

短時間でも構いません。わずかな時間を見つけて、少しでも睡眠をとることが大切です。

 

ですので、時間の取れる場合は仮眠ではなく、ベッドや布団でしっかりと睡眠をとるようにしましょう。

 

仕事中、育児、家事などで、なかなか眠る時間がとれない方の対策としては、
ガムを噛む

体を軽く動かす

冷たいものを飲む

目を押さえて目の疲れを取るなど、

気持ちをリフレッシュするように心がけましょう。